SERVICE

PRODUCT DESCRIPTION

商品説明

現在Amazonや楽天などネット通販が広まり誰でも簡単に欲しい商品を手に入れることができるようになりました。ただ店頭で購入するのとは違い、実際に商品を手に取って選ぶことが出来ないのがネット通販の弱点でした。しかし、各商品ページに写真や文字では伝えられない商品の良さや質感、使い方などをイメージさせる映像を載せることで、ネット通販の弱点を克服し、店頭購入以上にカスタマーの購買意欲を促すことも可能になります。

メリット・効果

  • 商品の質感や使い方を詳しく伝える
  • 購買意欲を促しコンバージョンUP
  • より多くの情報を提供することで他商品との差別化を図れる

Active scene

商品紹介動画はこんなシーンで活躍します

8

販促ツール

従来は、販売促進ツールとしてチラシやパンフレットなどの紙媒体が一般的でした。しかし最近はエコの観点からも、映像を用いて、DVDやWEB上での配信が主流となりつつあります。映像の良さは何よりもわかりやすさです。見る側にとっても、何の予備知識がなくても短時間で情報の入手が可能です。また、商品のグレード感もアップし、販売促進の有効なツールとして映像は欠かせない存在です。

  • 短時間に多くの情報量を詰め込みながら、わかりやすい商品紹介とセールスポイントの訴求が可能
  • 映像と再生機器さえあれば、あらゆる場面で使用できて販促宣伝のチャンスロスが軽減できる
6

ECサイト

ECサイトは、ビジネスの現場でもはや必須の存在です。但し、WEB上での情報提供には限界があり、商品本来の良さや質感を伝えることは難しく、それが売り上げに影響する場合もあります。これを解決するのが動画です。ライティングや撮影角度にこだわったプロによる撮影で、商品をより魅力的に見せて、さらに商品の使用シーンを再現すればユーザーの購買意欲がより高まります。

  • プロによる撮影で商品をより魅力的にプレゼンテーションできる
  • 実際の商品使用シーンを撮影して、興味関心と購買意欲をさらに高める
7

展示会、イベント

イベントや説明会などでは、スペースの問題や会場の規制で実物を持ち込めない場合があります。そんな時に活躍するのが商品紹介映像です。さらに、単に陳列された商品だけより、商品の特性やセールスポイントを盛り込んだ映像の方が、顧客はもちろんエンドユーザーにも印象深くアピールできます。

  • 商品の特性やセールスポイントを映像にまとめて、実物の展示以上に応用範囲が広がる

Creative types

商品紹介動画にはさまざまな表現方法があります

機能紹介方式

商品の機能は、静止画やテキストでの説明だと文字だらけになってしまい、ユーザーに敬遠されがちです。しかし商品を販売する上で、機能の良さをアピールする事は非常に重要で欠かすことができません。商品自体を魅力的に撮影し、ナレーションやテロップ、CGなどで情報を補いながら、機能をきっちり訴求することが映像では可能になります。

疑似体験方式

実際に商品をどのように使い、そしてどのように楽しむかをユーザーに伝えることは、商品の魅力を伝える上で重要なポイントです。これを解決するために、モデルを使って商品を利用しているシーンを実際に撮影します。また商品を利用する事のベネフィットをきちんと伝え、この商品を使うことでどんなメリットがあるのかをユーザーに納得してもらう事が、購入の一押しになります。

イメージムービー方式

商品を撮影するだけにとどまらず、使う場面や設定を具現化し、イメージ映像やエフェクト、CGなどを多用して、商品が持つ世界観まで表現することが可能です。プロによる巧みな演出でユーザーの想像力をかきたて、単なる商品や機能説明だけではなく、ブランドイメージの構築にも役立てることができます。

Column
スタッフコラム
動画広告や販促ツール、企業・商品・人材PRなど動画を通して、ビジネスのさらなる成長をサポートいたします。
ご依頼に応じて、動画制作だけでなく運用まで含めたプランニングや効果検証なども承ります。
Company information
〒153-0051
東京都目黒区上目黒1-15-11 3F
Contact us
お問い合わせは
03-6455-1535